【歓喜】櫻坂46の菅井友香と松田里奈が、22日発売の『BRODY』表紙に登場!!!

 

本日の注目ニュース

櫻坂46の菅井友香と松田里奈が、22日発売の『BRODY』4月号の表紙に登場した。

菅井友香、松田里奈(画像提供:白夜書房)

 

櫻坂46菅井友香&松田里奈、新体制への決意

今号は櫻坂46の「未来予想図」と題し、新体制となったグループのキャプテン菅井と2期生から新たに副キャプテンに抜擢された松田のキャプテンコンビが表紙を飾っている。

16ページに及ぶ巻頭グラビアは、坂道グループファンにはおなじみの細居幸次郎氏が撮影を担当しており、菅井と松田の2人が老舗旅館で和洋折衷な衣装を身に纏いエモーショナルな表情を見せ、春の訪れを感じられる内容となっている。

松田に芽生え始めた「自分たちのグループ」という自覚、菅井のラストライブ後にメンバーにかけられて嬉しかった言葉など、2人の新体制に対する前向きな姿勢と決意が描かれているインタビューにも注目。

『BRODY』4月号(2月22日発売)表紙:田里奈、菅井友香(櫻坂46)(画像提供:白夜書房)

中面では2期生大園玲が真っ白な素肌が見え隠れするラフな服を着て料理をするなど、自宅でのオフの姿を想像させるグラビアが披露されている。また、それぞれ1期2期生コンビの尾関梨香と井上梨名、小池美波と武元唯衣の2組のインタビューでは、楽曲ごとにメンバーが入れ替わるという新体制になり、現場で一緒に過ごす時間が増えてから芽生え始めたという分け隔てない先輩後輩の関係性を明るく語った。

続いて『そこ曲がったら、櫻坂?』(以下『そこさく』)徹底解剖は読み応えのある大ボリュームの15ページ。番組MCの土田晃之、ナレーターの庄司宇芽香、プロデューサーの長尾真を始めとした制作陣の面々が、前身の『欅って、書けない?』から共に番組を作ってきた立場から、番組リニューアルの背景や好きなシーンを語る。

他にも、起爆剤となっている2期生と長年のバラエティの勘が冴え渡る1期生との相乗効果で生まれてくる面白さについてなど、『そこさく』の今後への期待感が膨らむ特集となっている。また、読者から募集した『そこさく』の心に残る名場面集ではSNSでも話題となった記憶に新しい名シーンの数々が掲載されている。

 

引用元https://mdpr.jp/news/detail/2450469