【驚愕】平手友梨奈さんのコーデ金額が半端ない金額な件・・・

     

本日の注目ニュース

平手友梨奈(欅坂46)のいる場所だけが「秋」だった。折しも梅雨のただ中、湿気を帯びた湾岸のロケ地には、蚊がわんわん飛んでいる。しかし、彼女の周囲だけは季節が違う─そんな、毅然とした佇まいに目を奪われた。

普段、服は「直感」で選ぶという。これと決めたスタイルがあるわけではない。マネジャーに「似合いそうなもの」をおまかせで買ってきてもらうこともある。2年前に髪をショートにしてからは、メンズしか買わなくなった。インタビュー時の私服も、ジャケット、パンツ、ローファーのすべてがメンズと徹底している。しかし「メンズしか買わないと決めているわけじゃないんです」と言う。

ジャケット ¥498,000、シャツ ¥93,000、スカート ¥110,000、タイツ ¥20,000〈すべてGUCCI/グッチ ジャパン〉

もはやシグネチャーとなったショートヘアに対しても「似合っているとは、あんまり思わない。長いのがいやだというわけでもないし。だから、また伸ばすこともあると思います」。

おそらく「これと決めない」ことが、彼女にとっての唯一の決まりごとなのだろうなと思う。

何気ないものに目を留める

ジャケット ¥348,000、ベスト ¥150,000、シャツ ¥93,000、タイ ¥24,000、パンツ ¥160,000〈すべてGUCCI/グッチ ジャパン〉

こんな発言も印象的だった。同じ10代のパフォーマーとして、歌舞伎の八代目市川染五郎とはお互いに刺激を与え合う関係だ(染五郎も平手ファンを公言している)。染五郎の舞台も何度か観劇したことがあるというが、「歌舞伎のどんなところにおもしろさを感じたか?」と尋ねると、「演出とかが、あんまり(型に)とらわれすぎていない感じがすごく好き」という答が返ってきた。伝統芸能としてのイメージが強い歌舞伎をもってして、その「ルールブレイク」な部分に注目するのは、やはり彼女らしい。

表現のインスピレーションを得るソースも、その時々で変わる。映画に行くとか、展覧会に行くとか、アクティビティを固定するのは彼女の流儀ではない。気ままに散歩に出て「何気ないものに目を留めるのが好き」だという。

自分にとって、一番遠い未来は「明日」。
それよりあとのことは考えたことがない

先日、雑誌の撮影で瀬戸内海の直島を訪れた。言わずと知れたアートの島だ。特に心に残った作品や風景はあったかと尋ねると、少し考えて「きらいなものがなかったです」と答えた。逆に、彼女の「きらいなもの」とは何なのか?

「集合体、かな?」

一瞬、グループ活動のことを言っているのだろうかとドキリとしたが、アートや絵画で言うところの「集合体」のことだったようだ。「ぶつぶつした感じ」が苦手らしい。

苦手といえば、正直なところ、こうしたインタビューであれこれ質問されるのも苦手なのでは?

「インタビューはそんなに得意じゃないです。自分で自分のことを話すのが得意じゃなくて」

とはいえ、彼女と話していると、そこには必ずしも「言葉」は必要ないと感じる。

プロデューサーの秋元康氏との関係を尋ねると、「おもしろい。話が合う」とにっこり。一体、何を話しているのか?

「天気の話とか……学校の話とか……ふつうの世間話です(笑)」

一方で、大人のクリエイターたちに交じって自分のアイデアを出したり、誰かのアイデアに学んだりという機会にも、積極的に参加しているという。

「『何かをつくりたい』という気持ちは、強くあります」

そのモチベーションはどこから来ているのだろうか?

「うーん……モチベーションがどこから来るのかとか、自分であまり考えたことがないんです」

では、モチベーションがわかないときは、どうやって盛り上げる?

「『盛り上げる』という発想がないんです。盛り上がったら盛り上がる、盛り上がらなかったら盛り上がらない。それだけなんです」

コート ¥128,000、シャツ ¥42,000、パンツ ¥68,000、ハット ¥46,000〈すべてYOHJI YAMAMOTO+ NOIR/ヨウジ ヤマモト プレスルーム〉

© HIROSHI KUTOMI

この8月、芸能生活も4年目に突入した。今後、やってみたいことは?と尋ねたところ「特にないです」とつれない返事。そもそも、遠い先のことを考える習慣がないのだという。一番先で、いつのことを考えている?

「……明日。というか、今日の何時間後とか、今日の終わりまでしか考えてないです。『今日はこれから何が起こるのかなあ』とか」

大きなイベントが翌日に控えているときも、今日のことしか考えない?

「緊張はしますけど、大体リハーサルをやっていることが多いので、リハーサルに集中しているかな」

いつだって「今を生きる」彼女は、これから20代になって、われわれに何を見せてくれるのだろうか。本人が「明日」にまでしか興味がなくとも、その先が気になって仕方ないのである。

平手友梨奈(欅坂46)
2001年、愛知県出身。秋元康総合プロデュースの女性アイドルグループ「欅坂46」のメンバー。デビューシングル「サイレントマジョリティー」から最新シングル「黒い羊」まで、グループの圧倒的センターとして存在。

Photos 久富裕史 Hiroshi Kutomi@NO.2
Styling 笠原百合 Yuri Kasahara
Hair&Make-up MAO@MAXSTAR
Words 藤田美菜子 Minako Fujita

引用:新世代のミューズ──18歳、平手友梨奈のいま

ツイッターの反応がこちら





コメントを残す